MENU

引っ越しの見積もりで訪問されたくない!電話営業もしつこい!メールやLINEだけで大手引越し業者の見積もりは可能?営業のトークでその場で決めてしまった失敗談も合わせてご紹介します!

女性

一括見積サービスを利用したら引越し業者の電話営業がしつこくてイライラする!

男性

概算でもいいからメールやラインで見積もりできないの?わざわざ営業は訪問しないで欲しい!

皆さんこんにちは。今回は引越しの電話営業や、あなたの自宅に営業が訪問して見積もりを取るのに迷惑をしているという方向けの記事になります。

様々な引越し業者があるので、メールやラインで見積もりが欲しい…。恐らくほとんどの方がそう思われているでしょう。

ちょっとだけ業者側をフォローさせてもらうと、実際の荷物量や階段作業の有無、廊下や部屋の形状、どのような養生が必要かなど引越しには家庭ごとに全く異なった状況です。

業者

わかりました!じゃあ10万円で!

と見積もりを出して、実際に現場に足を踏み込んでみたら荷物量が聞いていた3倍だった。ゴミ屋敷で足の踏み場もなかった。猫が数十匹飼われていて、猫も運んでくれと現場で言われた…。など、実際に聞いていた内容と全く別物だったというケースも少なくありません。

業者側は「10万円」と提示したら、当日現場で「これは30万円かかりますよ」とははなかなか言えません。実際に30万円の仕事内容だったとしても、

女性

10万円って言われたのでそちらに決めました。それ以上は払いません。

と言うお客様も実際にいます。私も経験した事があります。全てのお客様がその様な人だとはだれも思ってはいません。しかし、万が一のトラブルを避けるためにも、正式な見積もりを出すために営業はお宅訪問をして見積もりを出します。

しかし、そんなクレーマーの様なことを言わないであろうあなたは、わざわざ訪問して欲しくない。アバウトでもいいからある程度の見積金額を出してほしい。それが本音だと思います。

最近では新型コロナウイルスの影響もあってかほとんどの業者が「メールやライン」または独自のオンラインツールのみで見積もりを出せる事になっています。

今回は、大手引越し会社がどのようなインターネット上での見積もりが可能か、またインターネット上で業者を決めるまでの経緯を詳しく解説していきたいと思います。最後まで是非読んでください。

目次

大手引越し業者はメールのみで見積もりが出来る。メリットとデメリットは?

現代人は日々を忙しくしています。しかし、最近では働き方も昔と比べて振り幅があります。

女性

電話は出来ないけどメールは仕事中でも確認・返信が出来る

この様な方が多いかと思います。スマホそのものを持ち込めない職場もありますが、最近は仕事で一切スマホを触ってはいけないという会社は少ないのではないでしょうか。

最終的な決定や細かい打ち合わせは電話でも問題はないが、複数社から概算見積もりを提示してもらう程度ならメールで完結したいのが本音ですよね。ご安心ください。ほとんどの大手引越し会社はメールのみの見積もりは可能です。

まずメリットとデメリットを見ていきましょう。

メール見積もりのメリット
  • 仕事中や出先でも、空いた時間に確認・返信が可能
  • 概算見積もりが明らかに高い場合、そのまま無視する事ができる
  • 時間や場所を問わない
メール見積もりのデメリット
  • どうしても「概算」でしか見積もりが出せない
  • 電話と違って急な場合はレスポンスに遅れが生じる
  • 文章で細かく荷物量や部屋の形状などを説明する必要がある

最大のメリットは【手軽に見積もりが取れる】という事でしょうか。業者側からすれば手軽に見積もりが取れる反面、逃げられる確率も上がってくるので正直メール見積もりはして欲しくないはずです。しかし時代は令和です。もはや電話や訪問時のみでしか見積もりは出来ませんと殿様商売をしていると、他社に取られてしまう可能性も高くなります。

逆にデメリットは急な引越し時には向いていないという点と、文章で細かく説明しなければならないという面倒さが出てきます。

メールで見積もりができる大手引越し業者一覧と問い合わせ場所

業者名メール見積もりの可否
サカイ引越センター基本訪問・電話で概算見積もり可能
Akabou(赤帽)概算見積もり可能
引越しは日通単身のみ可能 他はリモミで可能(後述)
アート引越センター少量の場合メール見積もり可能
アーク引越センター「引越見積もりシミュレーション」で可能(後述)
アリさんマークの引越社電話の後、訪問見積り
ハトのマークの引越センター電話の後、訪問見積り

ほとんどの業者がメールでの見積もりは出来ないという結果になっています。理由は前述していますが、やはりトラブル回避の為でしょう。

赤帽は他の業者と比べると「軽貨物車両」を利用しての引越し作業となりますがファミリー引越の場合でも「概算見積もりであれば可能」となっています。

日通は単身のみ可能、アート引越センターも「少量の場合のみ可能」となっています。他は基本的に電話でヒアリングの後、訪問見積となっているようです。

しかし業者によってはインターネットの独自ツールを使用しての見積もりが可能です。詳しく解説していきましょう。

大手引越し業者はインターネットツールで見積もりが出来る。メリットとデメリットは?

メールでの見積もりはほとんどの大手引越し会社が不可能だという事は理解して頂けたでしょうか?

やはり引越しのプロが荷物量を見ない事には、正式な見積もりは出せないという事です。だからと言って訪問のみの見積もりだと他の地域密着型業者や個人業者との競合に負けてしまいます。

そこで、大手には独自のツールを利用した見積もりが可能となっています。

サカイ引越センターの「まリモ」

「まごころリモート見積もりサービス」を略して【まリモ】がサカイ引越センターの独自見積もりサービスです。

まリモのポイント

サカイ引越センターではオンライン通話で正式な見積もりが可能です。この「まリモ」を利用する事で、無駄な営業電話が鳴り続けるという事もありませんし、オンライン通話を利用する事によって概算ではなく「正式」な見積もりを出してくれますので、とても良いサービスです。

オンライン通話なので、部屋の間取りやお荷物量の確認があります。「まリモ」を利用する時は部屋の中が分かりやすい状況にしておきましょう

アート引越センターの「ミライ」

アート引越センターは「ミライ」というオンライン見積もりサービスを提供しています。

まリモのポイント

入力フォームから必要事項を記入する事で、Zoom予約が可能となります。

Zoomへの入り方は入力したメールアドレスに届きます。届いたURLをクリックしてZoomのroomへ入りましょう。なお、事前にZoomのインストールが必要です。アプリからZoomを事前にインストールしておきましょう。

引越しは日通の「リモミ」

「リモート見積もりサービス」を略して「リモミ」が日本通運の簡単見積サービスになります。

まリモのポイント

電話やインターネットから依頼をする事ができます。LINEの公式アカウントのトーク画面から簡単に接続する事が可能です。

通信にはセキュリティ対策も万全なので安心して利用する事ができます。ビデオツールで部屋や荷物量を映しながら、訪問不要で確定の見積もりを出してもらう事が可能です。

インターネットツールのメリットとデメリットは?

サカイ引越センター、日通、アート引越センターは独自の見積もりシステムで訪問不要で確定の見積もりを出してもらう事はご理解頂けたかと思います。それではメリット、デメリットを見ていきましょう。

独自見積もりシステムのメリット
  • 訪問不要。訪問時の断りにくい雰囲気などを回避できる。
  • 手軽に申し込む事ができる。
  • 訪問が無いので無駄に気を遣わないで済む。
独自見積もりシステムのデメリット
  • 訪問時同様、部屋や間取りをビデオツールを介して見せなければならない。
  • ある程度整理整頓をしないと恥ずかしい。
  • 予約枠が限られているので、いつでも手軽にとはいかない。

やはり最大のメリットは営業が訪問する事が無いので、余計な気を使ったりする必要もありませんし、当日の訪問時に断りにくい雰囲気を回避する事ができます。

特にコロナ禍というのもあり、他人をいきなり部屋に上げるのは抵抗があるかと思います。気軽に申し込みができるサービスなので利用してみて時は如何でしょうか。

デメリットは訪問時同様にビデオツールとは言え、部屋の中や間取りなど家の中を見せなければならない点です。引越し前の準備で散らかっていると、見積もりも出しにくい状況になります。

例えビデオツールだったとしても多少の片付けや掃除は必要な点が面倒な所でもあります。

LINEのみで見積もりが出来る引越し業者はある?メリットとデメリットは?

これから引越し業者を決めようと思っている方は、業者の選別をする時に複数の業者から相見積りを取るかと思います。

電話営業は鬱陶しい。メールの見積もりも概算でしか出ない上にレスポンスが遅かったりします。

女性

LINEで見積もりが出来れば一番いいんだけど…

正直こう思っている方は多いのではないんでしょうか。

LINEのみで見積もりが出来る引越し業者はあります。しかし前述しましたが、単身者や荷物が極端に少ない方の引越し以外はLINEの文章のみで、完全な見積もりを出すのは難しいです。

サカイ引越センターなどの大手引越し業者は公式LINEもあり、LINEから見積もり依頼も可能ですが、結局訪問見積りや最低でも提供しているビデオツールでの見積もりで無いと正式な見積もりは出ません。

しかし地域密着型の地元引越し業者や、個人で行う業者などはLINEで正式な見積もりを出せる業者が多いです。

さすがに個人の業者全てをピックアップすることは出来ませんので、ある程度の引越し業者でLINE見積もりが出来る業者をご紹介します。

LINEのみで見積もりが出来る引越し業者

はやぶさ引越サービス

対応エリア:東京・埼玉・神奈川・千葉エリアから

はやぶさ引越サービスでは公式LINEから見積もりをする事が可能です。しかし関東の業者になるので、関東発であれば遠距離でも大丈夫ですが、関西や九州発の引越しには対応していません。

電話やビデオツールなども使用せずにLINEのみで見積もりが可能です。それでは見積もりのステップを解説しましょう。

STEP
公式LINEを登録

登録はこちらから可能です。

STEP
部屋の写真を送る

部屋の間取りや荷物の写真を公式に送りましょう。日常友人に送っているように、トーク欄に写真を送りましょう。詳しい内容は公式のトーク欄で質問すれば答えてくれます。

STEP
1:1チャットで正式な見積もり

送った写真を元に、はやぶさ引越サービスのスタッフがLINEでヒアリングを行います。トーク欄で質問などが来たら答えるだけで見積もりが出ます。以上です。

引越一番

対応エリア:中部中心、東京方面や関西方面も定期便に限り対応

引越一番は愛知県に本社を置く中部地方中心の引越し会社です。基本は中部地方の引越しですが、関東方面・関西方面・九州方面に定期便が出る時期があるので、その時期に合わせて対応も可能だそうです。

引越一番はLINEで写真を送るだけで見積もりが可能です。それではステップを紹介しましょう。

STEP
公式LINEに登録

登録はこちらか可能です。登録したら「フォト見積もりサービス」という項目をクリックします。もし荷物が多い場合や、お急ぎはこちらの自動見積りフォームをご利用しましょう。

STEP
部屋や荷物の写真を送る

現住所と引越し先を送り、続いて部屋の間取りや荷物の写真を送りましょう。

STEP
担当者とチャット

写真や住所の内容を確認したら、スタッフからチャットが来ます。あとはスタッフとのチャットで見積もりが出ます。以上です。

イナミ引越サービス

対応エリア:愛媛、四国を中心に、基本的には全国対応 ※一部離島は不可能

イナミ引越サービス(イナミコーポレーション)は愛媛県に本社おいている会社ですが、その他四国・広島・岡山などに支社を持つ会社です。

対応エリアは全国と記載がありますが関西や関東に支社が無いので、関東や関西エリアは協力会社が対応する可能性があります。

イナミ引越サービスはLINEで写真を送るだけで見積もりが可能です。それではステップを紹介しましょう。

STEP
公式LINEに登録

登録はこちらから可能です。

STEP
部屋や荷物の写真を送る

自動メッセージが届くので、現住所・引っ越し先の住所を送り、部屋と荷物の写真を送りましょう。

STEP
担当者とチャット

写真や住所の内容を確認したら、スタッフからチャットが来ます。あとはスタッフとのチャットで見積もりが出ます。以上です。

ここに掲載したLINE見積もりが可能な引越し業者はごく一部になります。あなたの住まいの地域と会わない場合は、こちらから探してみて下さい。あなたの地域にもLINE見積もりが可能な業者は必ずあります。

引越しの訪問営業によって嫌な思いをした例

基本的に大手引越し業者は「訪問」での見積もりを出すという事はご理解頂けたかと思います。

一番初めにも説明しましたが、これには悪意があるわけではなく、トラブルを回避する為でもあるという事はわかって頂けたでしょうか?

しかし、営業にもノルマがあります。営業成績が良ければ会社によってはインセンティブももらえますし、出世への近道でもあります。どの業種にも営業というものがある会社では一度訪問して見積もりを出せば、そこで契約を決めたいので巧みな話術やスキルを駆使してきます。私個人はそれを悪い事だとは思いません。

女性

他社とも比較したいのでこの場では決められません。またこちらからご連絡しますので、その後もお伺いの電話も不要です。

と、スバっと言ってしまえばいいと思うのですが、世の中そこまではっきりものを言える人ばかりではありません。営業も百戦錬磨の猛者なのでそんなことは百も承知です。

女性

うーん…。どうしようかなぁ…。でも他の業者も聞いてみたいし…。

この様にモジモジと決めあぐねている人に、営業は付け込んできます。あくまで噂や又聞きの範疇ですが、他社の高額例や悪いレビューのみを資料として持参しており、他社の悪口ばかりを言う営業もいます。

本当にこの業者に決めたい!という方であれば即決でも全く問題は無いのですが、決めあぐねている方や他社とまだ比較したい方は前述したように、きつく断ると営業も引き下がります。

実際に過度な営業を受けて嫌な思いをした人もいますので、その経験談を引用させて頂こうと思います。

引越し業者の訪問営業で嫌な思いをした人の例

まとめ

メールやLINE見積もりが可能な業者や、メールやビデオツールでの見積もりについての詳細を解説しました。

それではまとめてみましょう。

まとめ
  • メールでの確定見積もりを出せる業者はほとんど無い
  • LINEでの文章や写真だけでは大手引越し業者では確定を見積もりを出す事は出来ない
  • 大手は独自のビデオツールを用いて見積もりを出せる事ができる
  • 地域密着型や中小業者ならLINE見積もりが可能なところが多い
  • 大手の公式LINEは訪問日を決めるためにある

以上の事が分かって頂けた方思います。特にファミリーの引越しになると荷物量も多く、大型の家具家電も多いかと思います。部屋もたくさんあるでしょうし、文章だけではやはり確定的な見積もりは出しにくいのが現状です。

今回の記事を参考にして、なるべくストレスのない引越しを迎えましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次